性的虐待も 多く取り組んでいる セラピスト・カウンセラー


お友達で悩んでいる方がいたら 教えてあげてください。

苦しんでいる家族がいたら教えてあげてください。

私は 性的虐待について 専門に取り組んできたセラピストです。

ずっと一人で抱え込んできたあなたへ 
私と あとすこしだけ 一緒に歩いてみませんか?


まずは メールしてみてください。
fwke0747@nifty.com



あなたのこれからの人生を きらきらにすることは できるのです。
それを 自分が 取り組んでいきましょう。
そのお手伝いしています。





淡路紀世子  八ヶ岳セラピールーム主宰

沖縄那覇市で 活動しています。

遠方の方は 電話・スカイプ・メールなどで受けられます。

性的虐待のカウンセリング 取り組み例多数

◎虐待にかかわるカウンセラー の心のケアーもお手伝いしています。
◎子どもにかかわる専門家の 心の調整のお手伝いしています。


性的虐待は いろいろな相手から 受けてしまいます

*父から  *兄から  *母から *姉から  *祖父から *祖母から  の性的虐待

*職場でのレイプ゛ *学校でのレイプ  *同姓から

性的虐待により 心傷ついた人々が 実はたくさんいます。

被害者は 生まれたばかりの赤ちゃんから 幼稚園児
小学生・中学生・高校生・大人になっている方達・・
いろんな方が 淡路紀世子のセラピールームに訪れております。

私の療法は 心の傷に 対応していきます。
今 自分自身が知っている その傷。
そして どうして そんな目にあってしまったのか・・・
なぜ そんなことに。という 奥深い部分 潜在意識にまで触れて 整理整頓していきます。

何回も何回も その場面を無理やりに話しさせるようなことは しません。
何回もしゃべっても その傷は なおらないことが多いです。
逆に 傷を深くしていってしまうということも起きます。

言いたくになければ 無理にしゃべらなくってもいいのです。
私は その傷ついた場面の奥に潜む・・あなたの奥底にあるエネルギーをみつけて 
そこと 向き合っていくことをしていきます。

どんな心の傷になってしまっているのか・・
現在の生活で かつての出来事が どんなふうに影響してしまっているのか

自分の身に起きたことが どんな意味が あったのか・・まで 知ると・・
これからの人生が 生きていきやすくなるのではないでしょうか?

性的虐待は 心にも身体にも傷を 刻みます。

*現在の恋愛環境にも影響を 及ぼします。

*妊娠してからの出産までの妊娠期間にも そのかつての経験が 
影響を 及ぼし不安定にもなります。

*母親となり 子育てしている環境で あのときの経験が ざわざわと 心乱します。

*不妊の原因が その心の傷の影響のひとつであったりもしています。

皆 一生懸命 悩んできた。そして しらんふりすることにした。見ないふりすることにした。
なかったことにした。 でも脱出ができない・
一生背負っていく傷なんだとあきらめてしまっている方もいるのかもしれない。

自分を 捨てることにした・・・・

自分は あの時 死んだ・・・

でも このページでいいます。

自分をすてることなんてできないよ。
自分を死んだことになんてできないよ

あのね

変われた人がいるよ。
あなたとおんなじような経験だったけれど 自分の中と向き合っていき
楽な人生に変った人がいるよ。

あれだけの経験を して・・・でも 自分の中の心の整理を していったら・・
今 幸せを 手にいれた方もいる。、

だから あきらめないで・・
もう一度 取り組んでみようよ 

と伝えたいです。

少しだけ 一緒に歩いてみませんか?

淡路紀世子のセラピーを受けた 性的被害者のMさんが 書いてくれた文です。
誰にでも同じ結果になるというお約束はできないですが
こんなふうに変化できた事例として読まれてください。



いろいろなカウンセラーさんと紀世子さんと大幅に違うのは
私の場合には 紀世子さんのセラピーで 1回のセラピーで
95%トラウマを除去できたこと。
残りの5%は それに付随する前世からのエネルギーや
自分自身の思考の改善(新しい変化した思いの環境に慣れるというリハビリの時間) 
それによってトラウマから解放された

一般的な通う形でのカウンセリングのように ちまちまとやっていたのでは
いつまでたっても 時間ばかりが かかり 
私のトラウマに対しては 改善されないと感じた

私は2つの心療内科に通った。

当時は職場の上司に行けと言われて 病院に行ったせいもあって
つらくて死にたくてどうしようもない時だった。
その場面が頭に浮かんでしまうことが多く おかしくなってたから
そんな想いの中から脱出なんて不可能。
傷をおった私の心なんて もう救いようがないと思っていたから
カウンセラーに話すことも号泣して
話したことで また被害を思い出して
通うたびに 話せと言われて
また思い出して 鬱っぽくなって
それの繰り返しで とても苦痛だった

でも 薬を続けたら 診察中に泣くこともなくなった
医師はその様子を見て 「状態良くなってきたね」と言っていた
でも 私は副作用に気が付かず 
いつも眠くて すぐ忘れるし 死人みたいだった

何が言いたいかと言うと
被害者は ちまちまと 何年もカウンセリングなんてうけたくない
スパッと通過して 笑って暮らしたい。

紀世子さんのセラピーは 最初に一回受けた時に 
魔法のようで これは何だろう
自分にいったい何が起きたんだろう 
と思ったけれど しばらくすると
やっぱりセラピー通りに 状況は いい形に変わっているんです。
私の実生活も どんどん明るくなっていった。


淡路紀世子 書籍

虹の道へ 
ー性的被害者とセラピストが歩いた真実ー  

  レイプ被害者が どんなふうに心の復帰をしていったのかの記録。
  淡路紀世子のセラピーが どんな効果を出していったかの記録です。


性的虐待について
  淡路紀世子に出会い あるいは 淡路紀世子のHPを読んでいき いろんな体験者の声を聞いて  メールくれた方たちの会話のようすなど。


セラピーを受けることが初めての方は こちらもお読みください