紀世子の英国紀行♪~+その後

写真・文 淡路紀世子

■1■イギリスのリス
■2■どうしてイギリスへ?
■3■英国の旅から帰ってきてその後 起きたこと

■4■『ルキア』の祭りに日本で出会う 
■5■聖女ルキア・・
■6■サンタルチア
■7■エンジェルショップ
---
■8■2014年 ルキアのCMだ
■9■12/13はルキアのお祭りの日、そしてその日は
■10■ルチルNEW



2002.6.1 イギリスのりす


5月後半に イギリスへ 10日程 出かけてきました。
ちょっとした思いつきで
パっと決めて 出発。
ロンドンから ソーズベーリー ペンザンスまで足を伸ばしてきました。
気のむくままのバッグひとつの旅・・
とてもよかったです・・・っていうか・・




(ソーズベリー駅です。ここからバスに乗ってストンヘンジへ向かいます)





ずっと「りす」が一緒でした。
ロンドン市内の夕方に立ち寄って決めた宿の庭に りすが駆け回ってて
ソーズベリーで たまたま尋ねた宿にも 大木の上のほうに りす の巣があった。





(ソーズベリーで泊まった宿です。こんなにおっきな木があって・・そして・・・・)





(上の写真の木に近づいて早朝撮影しました。見えますか?白いまん丸がいっぱい・・
いっぱいの白い丸に包まれた私は・・・にこにこっ・・・・??
とってもすてきな不思議世界体験しました。)



翌朝 朝早起きの私は 5時頃散歩してて りす一家の朝の運動をずっと見てた。
イギリス最南端のペンザンスでも・・
泊まった安宿の窓から見えたのは 電線の上を横切る りすたち・・
こうもずっと りすと一緒にいると りす の意味を深く考えこんでしまう・・・
誰か 知りませんか?
りす って何を象徴しているのでしょう??

確か この前 帯広へ出張セラピーしたときにも
りすたちに出会っているのです。

いっつも・・りす!・・

私の八ヶ岳セラピールームの庭にも  りすが 食事集めしているのを 見ることができます。
くるみ・どんぐり・くり・・
などなど いろいろな ものを 集めて 自分の巣に溜め込みます。

イギリスから 帰国した翌日から
ずっとセラピーは予定が入っていました。
時差ぼけもなく パワーアップして セラピーしてます。
そんな日が続くなか
なんと 帰国2日後のあるセラピーの時間に
セラピーにきてくださっている方と一緒に セラピー後に窓の外の風景を眺めていたら
りすが いるいる・・
やっとお客様も見ることができました。
とってもうれしかったです。

私の住んでいる森には 町で見かける すずめのように
きつつきが いっぱいいます。
木肌とおんなじ色していたりするから なかなかみつからないようですね。
私は 住んでいるので すぐに 見つけられます。毎日のことなので・・

「ほら あそこにいる!」
って お客様に 教えても
「えっ?どこどこ??」
って質問しているうちに 別の場所に飛んで行ってしまう・・

お客様 いわく
「きよこさんは 森にすんでいるから そういう目になっているんだよ
私とかには 色がおんなじだから 見つけられない〜〜」

って 言われて はっとしました。
あっそうか・・
「りすも きつつきも 鳥たちいっぱいいるのに どうして みんなには 見えないのかなぁ」
って 感じていることが よくありました。
私は 森を見る眼が養われてしまっているのかもしれないんだ・・
ってね。
・ ・・ってことを感じたときに・・思い出したのが・・
「アフリカの自然多い大地にすんでいる人が 2〜3キロさきまで みえているんだって・っていう話・・」
うふふ 私も そんなふうってことぉ????なんてね。

イギリスのりすも 私だから 見つけてたのかなぁ・・・????

PS:この文を書いてて感じた。
   イギリスの言葉の中に 「リス」が入ってた・・
   でわ 「イ」「ギ」っていう言葉の意味を 考えてみよっと・・。

----
追記ひとこと

この文を読んでくれた方からメール↓を頂いてちょっとうれしくなっちゃった・・ふむふむ
「りす、のアイヌの呼び名はね、忘れる者.
木の実をいっぱいひらって来て、後で食べようって、地面に埋めて、忘れちゃうんですって.
で、そこから新しい木の芽が出てくる、森の造園やさんもしくは、神様のお手伝い.^^


-------

表紙へ


■どうしてイギリスに行くことになったのかっていうと。


内面にどうしようもなくあふれ出てくる「言葉」との対話?葛藤?ありました・・

まだ セラピストしていない・・癌が 終わった数日後・・(参考 癌体験記
フロリダに行こうとしていた・・ときの言葉。
私にかたりかけてくる言葉・・

-言葉-
安心していていいよ
時期がおとずれれば ぽんと変わるから 
君は そこへいかなくても いい
君は 変われる 
思い出すだけなんだから
普通に生活していれば おのずとそのように事がはこんでいくよ 
必要とされているのだから大丈夫 
ずっと待っていれば いい。
すべてお任せでね

ことは すべておまかせ そして すすんでいく 準備は終わった 
明日からやりなさい。
不思議世界への道が始まる
なにもかも 捨てて進みなさい。

-紀世子-
いやだよ 捨てることはできない 
私は 今やっていること(ヒーラーになる前にしていたアーティストとしての活動)が楽しいの
だから それ以上に魅力的なことはみいだせない。
このままで変化していくこと望みます。

-言葉-
大丈夫すべてうまく行くことになっています。

-紀世子-
 いや 私の使命は この家族を幸せにすること。
だから このままで進んでいく

-言葉-
大丈夫 安心しなさい 
このままですすんでいけるから  
もうすぐ来るから その日を黙ってまっていなさい。
遺跡の所へ行きなさい。
何かがつかめるから。
いい?一番に旅行をすることだからね
そして感じてくるんだよ
私のいいたいことは これだけ。 
ツアーでもいい そこには 必要としている人たちの魂の群れがあるから 
そこに行くがいい
こうして 遺跡の入り口へ まずいきなさい。
もうすぐ行ける日がやってくるから 。
何を選ぶのかといえば まず遺跡のもとへいくこと。



(到着してすぐに撮影 まだ 雨雲もあり雨がパラパラ)



(しばらくすると・・あっ・・一気に晴れ上がってきました。サンキュって心の中で話しかけていました。)

/////

古代遺跡 ストーンヘンジ 
私は知っている。
これの前に立ったらきっと 私は手をいっぱいに広げて この石にほほずりをして抱きついてしまうだろう
大好きなのである。

私は ここにいた。
そしてこの石と共にあった。
私はここで何をしていたのだろう
癒していた みんなを 
みんなに愛を配っていた。
私は この石の上に立ち みんなを眺めていた。
わたしは 女か男か・・
女だったような気がする

では今世の役目は何
私は この遺跡群のところへ行きたい
ここが 私の行きたいところ

でも 家庭の一主婦である私の心の中は 葛藤していた。
家のことはどうなるの?
結婚してから 家族を 置いての一人旅なんて したことが ない。



またある日のこと・・・
この遺跡の特集をしていた
ストーンヘンジの言われを 科学者たちが語っている。
でも それを ぽかんと見ている 私の心は 揺れた・・
なせか 「違う・。それは うそ」っていう言葉ばかりが わきあがってくる・・
テレビ番組がうそばかりで嫌気がさした。

私は いったい 何をしようとしているのか
あの遺跡群を懐かしく思う心は小さい時からあった
私はここが好き
そしてそれは何かの暗号
昔を思い出しなさいっていう何かの暗号

自分に訪れてきている感覚が 理解できなくて悶々としていた

-紀世子-
ねえ 話ししようか
石君と・・ 
私に話しかけて
そして教えて
私を呼んで
私を導いて
私にはなしかけて
私は いつも待っている

-言葉-
君はここに来ることになっているよ 

-紀世子-
どうして

-言葉-
君の場所だから


-紀世子-
私の場所って何

-言葉-
君は ここにいたんだよ
ずっと昔にね
早くおいで
ここで やり残したことがあるだろう
それをしなくては行けないんだよ
ここにきてそれを思いだしなさい
その石 遺跡は 君を まっていたもの 
それが注目されるのを待っていたもの



私は  皆の所へ行く それも時間の問題
私は そのころの時代の本を書く
私は毎日 ここで祈る 皆のことを。 


皆に話しかけることが好き
私は ヒーラーになると思う
いつでも準備できたときに その道が開かれ自然の流れでつきすすんでいくだろう

私はヒーラーになり いままで通り 皆に知らせていく
知らせていくことが多すぎる
ねえみんな  共にいようよ
そして楽しくそして自分のやり遂げられなかったことをしようよ
気づいて ほんとの自分を

それは 本に書くことなのかもしれないなぁ
文にあらわす
そして皆に気づかせること  

それは 自分自身とチャネルしてつき進む
そして皆が思い出していく 私のことも 自分自分自身のことも

私は まっている
時期が訪れるのを


子供達は 好きにするがいい
私は 時期がまもなく訪れる
そしてそれにつっぱしるだけ
夫も好きなことをするがいい
私はだれにもじゃまされない 幸せなそして皆と共にあらんと祈る


皆全部の部族と共に一緒にいることを
そして魂の中で一緒にいることをいのろう 
赤い色の中に青いいろが輝き出しそして 私はその中で宙を舞う 
そらが開かれて光が差し
そして風が吹き始める
その中をしっかりと歩いていく人々
私は 白いレースをひらひらとなびかせてその人々の頭上へ白い布をかぶせていく 
目覚めなさい そしてともに生きていこうと 
私が変化していっても 私たち家族はともにいる 
そして 皆が目的を感じてあるいている 
私は 空を飛び白い布をかけていく役目 
白い布ってそれは 何
音楽のようなきらきらとした音が聞こえる
そして ふわふわとなびいていく白い布
幸せの布 桃色がかっている白い布
私は白い布をかけていく
そして あの空気をすいこみ
そして風を出していく 
それをすべての人間に吹きかける私は 前世で 人間ではなかった。
私は空気の中にいた。
私は何かの精だった。
空気を動かせた


-紀世子-
誰か話をしようよ
私と話したい人がいるでしょう。
私に話かけて
準備はできているから


ある日の過去世体験

私は 過去世のルキア。
ルキア 22才
石 12個の石がぐるっと回っていて そこにいる。
やりたいことあるのに できないから悲しい

石が光輝いている 12の石が 明るい。



(実は・・イギリス最南端・・ここの風吹く丘で・・過去世のルキア(参考→私の前世体験)に出会いました・)

そして 私は今10才
光と交流している。
これなら出来ると思う
 
その中心に座って 上の方にエネルギーを上げる。
光の石の力が地球の中に入っていく。
石が死んでしまったので 悲しい。

石が思い出してくれれば また光輝けるのに。
石をいきかえらせる方法は?
私が石の前にたつ。

でわ 実際には いけないから 想像の中で 行こうと思ったんだけど 移動しようと思ったら 何かがあっていけない。
じゃまするものがある。
透明のバリヤーみたいなの
ちかづけないようになっているよ
石の周りに。
結界みたい。
石に聞く
結界をとってほしい
足を1歩ふみいれてくれればいいことになっている
そしたら 結界がとれるから 早くとって
僕達のいるところに
ストンヘンジだよ。

ルキアの死ぬ場面
目をつぶされちゃった
40才



私のところに たくさんの情報 メッセージが おとずれた。
ガイドからも 前世体験からも
テレビからも 手にした本からも いつも 同じ言葉だった。
私は 一応主婦であり
学校に通う子どもたちもいて 自営業の仕事を 持つ夫がいる。
そんな中 いち主婦が 一人で海外旅行に行くことなんて ありえないって思ってた。

なのに「いきなさい」という言葉が 続いていく・・

私は あるとき その声に おこった。
「いいかげんにして」と。
泣いて叫んだ・
「見てよ、私は 主婦です。家庭が あるし 家事もあるし 無理でしょう。
ましてや 一人旅なんて したことないし・・夫が 許してくれるわけが ないでしょう」
そのころの夫は 家事なんて一切しない よくある家庭の形で・奥さんの一人旅なんて 許されない環境だった。

でも しつこくしつこく イギリスに行けメッセージが 私のまわりで 言葉となって現れていた。
もう がまんできない。
「いきたいとは思うけど いけるわけが ないでしょ!」
って ガイドにその声に対して 起こった・

そして その声は 「わるかった」と私に誤ってきた。

そのひとことで・・私は 私の気持ちは 落ち着いた。
いろいろなエネルギーが いろいろと うごき出しているのは 知っている。
でも 私には 私の家庭もあるし・・私の家族もいるし・今のこの生活は 変えたくないし・・どうせ 変えられない 海外なんていけるわけないしって思ってたから。




私は それから3ヶ月後 イギリスに向かう飛行機の中にいた。
飛行機の往復チケットだけを手にもって。
ホテルも決めていない・・
でも すべてを導くとガイドが言ってたから
半分投げやりな気分 半分 わくわくな気分・・

私の結婚してからの初めての一人旅は イギリス行き・
家で待つ家族たちにとっては 10日間 行方不明状態♪。

自分が 気楽に決めてた行きたいところは・・
イギリスを南下すること。
そして 最南端に立つ。

そのラインは はからずも・ミカエルラインといわれている道筋だった。
あとで 聞いて驚く。



(セントミカエル島です。歩いて 島まで渡れました)



(あっちの方に見えるのが セントミカエル島です。ふだんはほとんど 海の向こうなので普通は船でいきます。
私は ここの地域滞在がわずかだったのですが・・海の水が どんどんひいて 上の写真の道を歩いていけました♪
ここでも ありがとう・って心の中で つぶやいていました)




ぶらぶらと歩いていると 次に行く場所のメッセージが 次々にやってくる。
広告のポスターであったり 人の会話を小耳にしたり・

私は 行く前に 10個くらいの項目の課題が その声から渡されていた・・
それらの行き方は 現地でわかるといわれていた
ほんと すべて 導かれていた・




(自分の中にいる・・・そばにいるガイドたちに導かれた旅
イギリスの旅 最後に降り立った駅は なんと angelでした・すごく驚いた:駅のホームの看板撮影))




(こんな地下鉄・・アンターグラウンドに乗って着いた駅なんです)

ルキアの墓
そして過去世のルキアに会う
そして ストーンサークルでも 私のすることをしてきた。

帰国後 私のとりまくまわりも そして 私自身のエネルギーも 大きく変わった・・





*ペルー (マチュピチュ・チチカカ湖など))
*イギリス(ストンヘンジ・セントミカエル島など)
*セドナ(赤い大地・ベルロックなど)
*シンガポール(縁ある地)
*ハワイ(イルカと泳ぐ・ロミロミ)
*ドイツ(古城と天使・・)
*オランダ(ホントに住みたいと思った)

表紙へ



■英国の旅その後■

英国の旅から 戻ってきて 10日ほどたったある日
東京の行く用事があり 八ヶ岳から高速バスに乗る
途中で 腹痛・・重たい痛み・・・
あー困ったなぁぁ・・バスからは降りれないし・
・じゃ 光の言葉セラピーで 自己ヒーリングしましょう。

おなかの中に 石の棺が あった。
それはそれは おっきい・。そして おもたーーい。
「なんで こんなところにあるの?」
「私よ」
「ん?」
「私のお墓の前にいかなかったでしょ」
ルキアだった。
「確かに・・・。」

「なんであるのぉ?」
「あなたが私の墓前に来なかった・・」
「は?」
「だから 私が くっついてきた・・」
って言う


英国の旅での「その声」から指定されていた項目?の中には 
過去世のルキアの墓前に行きなさいっていう言葉もあった。
いろいろな項目を クリアーしてきたのに 実は それだけが できていなかった。
コーンウォール半島のいくつもの広大な丘・・ケルト系の古い集落が ぽつんぽつんと眺められる
その中にふらっと 訪れた 小さな集落・・
心惹かれる塔があり そこに歩いていってみる・・
そこには 墓地がある。

「あー この中に ルキアのお墓が あるんだなぁ」ってつぶやいている自分がいた。
でも 入れない。
小さな集落のみんなの墓地には しっかりと 鍵が かかっている。
一般の人は はいれない。

「ほーらね。日本なんて遠い国からこんな普通な私が 一人来て・・・そんなにいっぱいの項目なんて こなせないでしょ やっぱり 無理無理」
って心の中で その「声」に伝えていた。
「だから ここは ここまでね・・さて・・次に行こうっと・・・」
って思い イギリス最南端の岸壁に移動して フィッシュアンドチップスを食べながら眺めを楽しんだ。
っということで 私は 10項目近くのこなす用事のただひとつが 実はこなせずに帰国した。


そして今 バスの中で ・・・ルキアの棺が おなかの中にあったことに気がついている。

それを ヒーリングして その棺は手放した。
腹痛はおさまった。

「これでは やりすぎ・・いくらなんでも 私のつくりすぎだわ」って思った。
自分が 英国でやり残したことが 実は 気になっていて・・作っちゃっただけよーーって自分に言い聞かせていた。
「気のせい 気のせい♪」ってね。


そして バスが 新宿駅につく。
いつもは 西口で用事を済ませてしまうのだけど・・
まだ 時間が 少しあったので 今日に限って・・ほんとひさしぶりに東口の方に足を 伸ばしてみることにした。

西口から 地下道を歩き・・東口へ出れる・・
私は 歩きなれた道をてくてくと歩き出した。
さっきの自己ヒーリングの体験のことを思い出しながら・・
「でも あれは 自分の気のせい♪」って・・いいながら・・


そして 地下道で 私の足が 止まった・・

愕然とした・・

ポカーンと空いた口が そのまま・・

なんてこと・・だ・・・・・・。


新宿駅の地下道の柱が 何本もある・
延々と続く太い柱
大手の会社は 宣伝に2mちかいおおきなポスターを貼る。
それも 連続性が効果的
都会の広告ポスターは よく 短期間指定で集中的におんなじポスターを何十枚も貼る

私のその日 歩いた地下道の太い柱・
すべての柱に
「ルキア」
と書かれていたポスターが 貼られていた・・・
私が 西口から 東口へと続く 何十本もの柱全部が 「ルキア」だった。

「こんなことって・・・」

「うっ・・」つばを一回ごっくんと・・・
そして
「気のせい気のせい」って言い聞かせていた自分が 消えた。

「はーい 降参・・気のせいではないってことを 認めます」

とひとりつぶやいていた・・トホホ 

光の言葉セラピーっていうのは いろいろな物質化現象が おきますなんて 自分がしゃべっていて・・
こんな形で現実を突きつけられてしまい・・ 自分をも驚いてしまいました♪
あーびっくりしたぁ。


その時期は 時計でセイコールキアという商品が宣伝されていた・・
笑・・・&ショック。



■日本で行われた「ルキアの祭り」!!!


光の言葉セラピーの技法を 伝えてきて
もう・・・1000人を海外・国内て゜裕に超えて・・
いろんな使われ方が しているんだろうなぁって思ってる。
光のことば」という本を出版して 自ら技法を 一般公開している。
だから 私のしらないところでも いろんなヒーラーさんが きっと利用してくれていると思う・・
とっても 効果的なヒーリング方法だから みんなが 利用してくれていて
とっても うれしいなって思う。

私もこの人間界?で 人間として 活動(?笑)していることなので・・・いろいろな ことを受け取る。
ネガティブも ポジティブも・・・・

ある日・・
光の言葉セラピーを 私が多くの方々へと伝えていることに対して
あまりいい気持ちになっていない人がいて 一通のメールが きた・・

私の行っている活動を 心地よく思ってくれている人もいる。
でも その逆に思っている人も きっといるでしょう。

ここ地球では・どう 思おうと自由だものね♪
それぞれの考えの基準で それぞれの自分たちの見方が あっていんだって思うし。

その方は 
「光の言葉セラピーを 広めるのをやめなさい」ってね。
その方が どういう心の状態なのか・・
私という人間の全体像を把握した上でのありがたいアドバイス・・というよりは・・
個人的な満たされない自分の感情をそのまま 私へと ぶつけてきた。
個人的にかなり混乱していたよう。

でも すべてが 必然・・すべてのことに意味が ある・・・
と思う私は その言葉も ちゃんと受け取った・・
その言葉を 跳ね返すというよりは・・自分の中に吸収して よく吟味していこうって感じた。

すなお?な私は・・「じゃぁ 光の言葉セラピーをみんなに伝えていくことをやめよっかなぁぁ」
って ちょこっと思った。
私の目の前に この技法を知りたいって人がいるから 行っている。
その人々の心の流れが 変われば 私は いつでも つぎなるステップアップで
新しい広場で 生きていくことになっていくだろうって思ってる。


すべてが 自然の流れの中で あれよあれよという間に 始まってしまった私の今歩いている道。
そう・・・ルキアの前世を 思い出してから ずっと ルキアが 一緒に私と歩いている。
光の言葉セラピーもそう・
私のセラピストとして活動している広場は ルキアのエネルギーがサポートしている。

ルキアや・・他のみんな・・私を サポートしてくれている見えない世界の方面の存在・??たちは・
あっち?にいるし・・・
私は・・・一人 この人間界にいる♪


「そんなふうに いわれるのなら いいよーー やめちゃってもいいよーー」
って 自分の中で ぶつぶつと・独り言を しゃべっていた。
それも ひとつの流れだと思うから。


私は ひさしぶりにきた ネガティブラインを 人間っていうものを 楽しんでいた。

そんな中も 一年前には決まってしまっているから 出張の仕事は続き・・それを こなしていた・・
でも半分は・頭の中では これからは どうして行こうかなぁ?
って考えていた・・
ルキアとのつながりにも・なんだかねー・・・って感じで・・もういいかなぁってね。
でもこの感覚って・
かつて・・・ルキアの過去世で受けてた・ことと同じ感覚の時期に入っているなぁ
そう・・「伝わらない・・って感覚」・・・


でもね。
そこでやっぱり 物質化の合図は やってきた。

そんな渦中で・・
帯広地区に セラピーと講座を するために入る。

冬の帯広
寒い・・でも寒いから青空が 光輝いている。
そう・・
帯広地区は 私にとってね 印象深い地。
私がはじめて セラピー出張をした場所。
ここ帯広の仲間たちに いっぱい刺激をもらい・・・ 
私は セラピストとして育ててもらったんだぁって思ってる。

帯広に着いた。
迎えにきてくれた帯広地区のパートナーの車に乗る。

車の助手席に乗り込んで ぼーーっと してた。
運転しているパートナーの彼女がしゃべりだす。

「あのね ルキアの祭りをちょうどしているよ」

「は?」

「氷のお祭り」

っていって 新聞の切り抜きもくれた・・・
そのお祭りのご案内記事。
氷の像が きれいな光で照らされている・・

帯広駅近くで・・

「ルキア」という夜の氷の祭りを開催中だった・・
しかも 私のわずかな帯広滞在期間を 狙って?? 行われている・・・


どっきし。
自分が 人間界で起きたことに対して・・
ルキアと一緒に歩いてきた道を そろそろ「もう・・いいや!」ってちょっとなげやりな気分・・
もう このエネルギー・・・手放そうかなぁって感じていたら・・・
ばーーんと ルキアが また この世界で 私の目の前に現れた。

[うわぁぁ でた!ぁぁぁぁ]って気持ち。
その瞬間 ルキアのエネルギーと しっかりと 握手した感覚♪
さらに 強く しっかりとつながった・・って思った。

新宿地下道のルキアのポスターと同じような衝撃♪
笑えた。

ううむ。
それが 答えか。


そして 受けとる。

ルキアは いろいろな場面で 私を サポートしてくれている。


ーーー


なんで 「ルキア」の祭りなんだろう・・
主催者は もちろん 帯広の役所の仕事なのに・・!
私のために?

いやいや ありえないし・・
役所の方が なぜ そういう名前にしたんだぁ?

帯広地区パートナーが 主催者に聞いてみたって。


「なんかね・ポルトガル語だったかな?
何語だったかな?
どこかの言語で 「ルキア」っていう言葉が「光」っていう意味なんだって、」


「はぁーーーー。
そーなんだぁ・・・・」

ううむ。

なんとなく 自分の中の疑問が とけていく・・

そう・・・
私にとっての 過去世体験のひとつ。
でもね。
やはり 私の中にも その体験した過去世って ほんとなの?とかっていう気持ちは やや残る。
だって 証拠はないし・・確認はできないし・・。
だから・・
自分の口から 出てきた 言葉とはいえ・・
はじめて 「・・る・・・・き・・・あ・・・・」っていう言葉が出てきたとき・・
うわぁぁ 適当だぁぁーって おもっちゃったりもしてた・・

だって・・ルキアっていう名前は 自分の生きてきた中で 聞きなれない名前だし・・
聞いたことないし・・変な名前・・って思ってた。
だから 単に 言葉の音が 3個ならんでいるだけで 得に意味深い名前ではないんだろうって思ってた。
私も いくらでたらめ?(笑)とはいえ・・ルキアなんて言葉・・
頭の中で よく思いついたものだ・・
外人だった過去世だから しょうがないかな・・・
うふっ 適当ねーーって思ってた・・
・・・・のが 本音。半分。

でもね。
ここで こんなに時間が たっていて・・
かれこれ4年たっているかなぁ・・
そして こんな形で その3文字で 構成されている名前には 意味が あったことを 知ると・・
驚きもももの木です♪

はぁーー・・って感慨深い・・感じ。

ーーー


ある方の 個人的な満たされない感情 から 送られてきた
「光の言葉セラピーを 広めるのをやめなさい」
って言葉を受け取ったからこそ出会えた・・・いろいろな情報♪
そして
ルキアのことが さらに紐解かれていく・・・

すてきな経験・体験だったなぁってあの頃を振り返って思う。
だからこそ 出会えた情報もあった。
ルキアとも より親密になれたって思う。
すべての事象に感謝♪



「光の言葉セラピーを 広めるのをやめなさい」といわれたけど
 私は今 こうして あいも変わらず 講座もセラピーも続けて 光の言葉セラピーを多くの方に伝えていってる。
その言葉を受け取ってから以降の 私の活動・・みんなの感想・体験談を 読み返してみた
自分の活動その後を 見つめてみた。

その後も 光の言葉セラピーというヒーリング技法を学んで
体験してくれた方からも 150件以上の感想が 寄せられている・・・


あー やっぱり 今していることを 続けていてよかったなぁってしみじみ思った。

こんなにたくさんの人に 出会えてる・・


私は 自分ができる手法を使って これからもいろんな人に出会っていくことでしょう。
なによりも みんなと一緒に歩くことが楽しいから。
そして
自己探求の一時期・お手伝いとして・・・ひとつのきっかけとして・・
私という人間を 選んでくれてありがとうっていう気持ちです。


今世で ルキアと一緒に 過去世の当時のルキアの通過できなかったことを 
今世で 通過できたっていう気持ちです。

ルキアも にっこりとしている。

今 この場所に立っていて・・・ とっても 幸せな気持ちです。

すべてにありがとう・・デス。




と・・2年前の出来事をこうしてまとめて 文にしていよいよ公開しようと思って書きあげた2006年1月1日
さらなる ルキアからの合図受取る・・♪
・・
(このルキアの話しは まだだ続いていくのです。私自身も いつまで 続くのかぁ??って感じです。
だんだん{英国紀行}の話しじゃなくなっていってしまってる〜〜〜)



■聖女ルキア・・・■

2006年1月1日

ふと ネットサーフィンしてて・

えっえっえっ・・びーーっくり。


5−6年前に前世体験していた「ルキア」という女性の過去世
のとおんなじ場面の物語を発見。
(参考→ 「私の前世体験」ページ)
あれっ・・これ・・私??!!

名前まで おんなじ。
私は こんな物語 しらなかった・・今日まで。
でも ここに書いてある・・
両目を失ったというルキアの記憶を 私は 持っている・・

それからは 「ありえなーぃ」って思って
頭の中が・・ぐるぐるに・・
そんなこんなで いろいろとネット検索してたら・・
なんと・さらに。・・・・・

子どものときにピアノの発表会で弾いたお気に入りの曲
今も 時々 意味わからないなりに・・口ずさんでいる大好きな曲・・
「サンタルチア」は・・その女性の歌だってことを知った。
「さんたぁる ちーぁ」って思いこんでた・・
どこかの地名かなぁくらいにしか 思ってなかった・・

「サンタ ルチア」だそう。
  ↓
「聖女ルキア」っていう意味だそうで。。。。
「聖女ルキア」って云われている人が 存在していたらしい・・
おっどろいたーー。

もっと驚いたのは・
聖女ルキアの記念日が 「12月13日」って書いてあった・・
            ↓
・・・これって 私の誕生日なのです。
あぜん・・としたというよりは 
あまりの符号の多さに・・
あまりのショックに・・
2006年の正月休みは 私・・♪ 
沈没してしまった・・デス☆(笑) 


またまた 続く・・

ちなみに・・こんな話題dにもつながっていました・・・
下記です。

世の中おもしろい・・



005年12月すれ違いの妙に感動

もうすぐ・・46回目のお誕生日
そして 受け取ったリアルな夢・
いったいどんな意味が あるのかな?




私の友達Aの夫さんが夢に出てきた。
妙にリアルティーのある夢

結婚前から 親しくさせていただいたAさん。
結婚後も 公私ともに お付き合いしている・・
「夫さんにも 会いたいなぁ」って
でもね。私もそうだけど 夫さんの方もとーっても忙しい人
(同じように?人にかかわっていく仕事かな)
それに
「ちょっと 変わり者だから 会わせられなーーぃ」
っていう ジョークで 交わされて?(笑)いて・・
会えていないなぁぁ。

と思っていた。
私としては Aさんとは・・公私とものお付き合いだけど・
別にプライベートなことだし・会わなくってもいいかなぁって思っているけど。


でもね。

夢に 出てきたー。
なんで?なんで?と思ってしまう。
別に Aさんの夫さんのことを 気にしていたことも なんもないのに・・
ふーって 突然に 私の毎日の眠りのくつろぎの中に登場するもんだから・・
すごーいびっくりした。


一緒の部屋にいて・・
しゃべっている・・
確かに 変わりもの??
いや 普通の人・・

コミュニケーションとってる・・

しゃべってる・
はなししてる
何か・・もりあがるというのとは 違うけど・・延々と しゃべっている・・
そこには 同意という形とは また ちがった・・感覚のエネルギーが ながれている・・


その横で Aさんが・・にこにこ 会話を ながめている。

私は・・っていうと・・
話しながら・・
「それはそれで いいとして・・・」
「そして また それも それで いいとして・・」
って 楽しくしゃべっている。

互いを 認めあうように??って 感じの会話かなぁ???
妙に 会話が 平行線では あるんだけど・・ 
おしゃべりが 絶えない・ずっと・続いていくことを 感じでいる・・
なんの話しているのかは・・よくわかんない・・
でも ずっと しゃべっている・・
どっちかというと・・・対立している会話というよりは・
ある面・「同士」としての感覚・同じ方面を志す仲間といった感覚に受け取れる・・
いごこちは いい。


そんな夢だった・・
でも それから 数日 なんだか その夢の情報が 妙に 心に残る・・
それは いつもの形で 私自身が・・読み取ると 「メッセージ有」 ということになる・・
一体それは なんなんだろうか・・・


それから 数日後にAさんに 会う機会が あった・
なんだか その夢を告げたくって・・話しをしてしまう・・

そして 口にだ゛して話しているときに フワァって 感覚が きた・・
あっ そうかって・・・・

なんとなく 思った・・
今世では とくに 会うってことは ないみたい・・っていうか・
会っても 会わなくっても どっちでもーーって感じ?
でも・・この夫さんって 
かつて・どこか 過去世で 私は・共に 行動していたことが あるようだ・・って 思った。

それは・・恋人というのでなく 家族っていう形では なく・・
やはり・仕事???同士 ??同じことを 志す者たちとして・・
一緒に語り合い 歩いていた時代が 遠い昔にあったなぁって ふと 思った瞬間だった。

でも そのかかわり合いは・以前の過去世で もう 終わっていて・・
今世では とくに・・・????会う必要性はない??って 感じ゛。


でも こんなふうに ニアミスして そして また すれ違って・・・
それぞれの魂の歩く道を分かれて 歩いていくんだなぁぁって・・・。

そんな流れの中で ふっと 情報としてやってくる・・・
互いが そこに 今!存在しているんだよ・・
っていう お知らせ?が やってくる。

そんな「瞬間の妙」っていうのを 感じて・・感慨深いものを 感じた瞬間だった。



この地球にも たくさんの魂が 生まれ代わりを くり広げている・・・
そんな中・・・
こうして 出会い・・すれ違い・・ぎりぎりの配置で 互いが 存在し・・・
そして また 離れていく・・あるいは 近づいていく・・

そんな ドラマチックな それぞれの道が あって・・
魂レベルでのかかわりあいって
なんだか・すてきなことだなぁってちょっと思った


きっと これからも 私は Aさんとは 交流させていただくのであろう・・
でも・Aさんの夫さんとは・今の感じのまま・
会うこともなく こんな形で 互いの魂か 存在していくのかなぁぁ?って思っている・・


そんな感覚になった 
結果・今後 どんなふうに この情報 そして かかわりが 変化していくのかは
今の段階では わかんない・・
さてさて どうなるか・・・
ながめていようって思う。


《↓後日談》
翌月 
私は 過去世体験(ルキア体験)のシンクロニティに おっどろいていた。
2006年の1/1に上記 記事までを HPアップしたら・・あららららら
こんなメールが届きました。

私の見た夢みた頃 同時期 2005年12月は その彼(Aさんの夫さん)はボイストレーニングと称して
 歌の先生から 「サンタルチア」の歌を練習していたとのこと。
うっ
私は ここまで つながってくるとは・・
さらに おっどろいて しばらくボーゼンとしていました♪ 微笑



2007年 初秋
紀世子さん イギリスに 「エンジェルショップルキア」ってあるのを 知っていましたか?
って・・・
どっきり・・・あーまた この言葉・そして なぜか またまた英国なんだぁぁ・・ううむ・・

つながっていく この感覚・・・



2014年 12月6日

2014年12/6
【ルキアの話】今日は 名古屋のホテルでテレビつけていたら・・
セイコールキアのCMが目に飛び込んできた。
ドキッとした。
また何か始まるのかな??

かつて・・・新宿の地下道歩いていて・・
ルキアのポスターの連続を見て驚きました。(■3■の記事)
過去世・・ルキアという名前もあったので・・
ルキアという名前には 結構反応してしまう私がいます。
ルキアつながりでは 不思議なことがよく起きますね〜


2014年 12月25日
2014年12/25
あぁ 衝撃・・

今日は クリスマスだったから・
サンタのウィキペディアでも 見ようかなぁって
読んでいたら・・驚いてしまいました。


***(抜粋)***
フィンランドでは、クリスマスは一ヶ月続くと言われているが、
12月13日にはルチア祭という、
クリスマスよりも大きなイベントがあり、
そこでは女性が頭にキャンドルを灯した冠をかぶって歌う
という習慣がある
******

私・・12/13生まれなのでした。


2015年12月13日

私のお誕生日です。、12/12までにそれが片付けられてよかった
と安堵していたら・・
ふと 思った。

ここのところあわただしく起きたことについて 精査していたら・・
ルチルという過去世が出てきた・・ん?

.るきあににた発音だなぁ・・と 改めて調べてみたら
ポルトガル語ではなくラテン語で光だったのですね。
-----
ルキア (Lucia, Lukia) は、
ラテン語の女性名で、光 (lux) に由来する。
ルーキア
----
ここにメモしときます。